比較というコンテンツが求められている

様々なコンテンツがある中で「比較」を主体とした詳しい情報は少ないように思えます。

何かの一要素として簡易的な比較を見かけましたが情報量は物足りなかったです。

もしかしたら同じように感じている人も多いのではないでしょうか。

ここに求められるコンテンツのヒントが隠れているのではないでしょうか。

比較に必要なこと

比較対象

比較するなら当然対象が必要です。

似たようなもので有力な選択肢となりうるものから選べばいいでしょう。

客観的データ

比較するからには納得できる情報が必要です。

そこで役立つものが客観的データだと思います。

世の中には数値で納得するタイプの人も多いので欠かせません。

主観的感想

データを自分なりに解釈した感想を書くことも大切です。

ここがコンテンツのオリジナルな部分にもなりますし、書き手としての魅力をアピールする場でもあります。

分かりやすい解説者を目指すのもいいですし、斬新で独特な解釈をする人を目指すのもいいでしょう。

図表

文章だけだと分かりにくいので適切な図表もあると分かりやすい印象を与えられます。

面倒だと思わずに図表を載せることで価値ある情報になるのです。

表ならHTMLタグだけで作れるので利用しましょう。

求められるコンテンツを提供するということ

人が検索する理由は答えを求めているからです。

答えを納得できる形で提供してくれるコンテンツは有益で信用を得られるでしょう。

そういった情報ならSNSで拡散されるかもしれません。

すると更なるアクセスを呼び込み多くの人の目に触れることになります。

多くのアクセスを集めるなら、やはり求められるコンテンツを提供することが近道だと思いました。