Fight The Dragonは操作性が合わなかった

ユーザーによって作成されたダンジョンをプレイすることが可能なハック&スラッシュRPGというと面白そうですよね。

私もそういった部分に惹かれてFight The Dragonを購入して積んでいました。

そしてようやくプレイするに至ったのですが、操作性が合いませんでした。

視点変更の操作性

一応キーボード操作の割り当ては可能ですけど、マウスで視点を変更する際、右ドラッグではなくてホイールドラッグという点が合いませんでした。

しかもマウスのその部分はカスタマイズできません。

ならばいっそ全部キーボードで操作しようかとも思いましたが、やはり慣れません。

見えない部分に宝箱があったりするので、それなりの頻度で視点変更しないといけないのは良くないですね。

視点変更の操作性が悪いことでゲームの面白さが損なわれてしまったように思えます。

個人的な理由ですが操作性が合わないなら無理にプレイしないでいいでしょう。

まだまだ積んでいるゲームがたくさんあるのでFight The Dragonだけに構っていられません。

やはり視点変更が問題だった

それでもプレイを続けてみましたが、やはり視点変更に関する部分で面倒に思えました。

壁が邪魔なので視点変更必須ですし、慎重な操作が求められる場面なら視点を正確な角度に合わせないといけません。

そういった煩わしさの前に敗北を認めるとしましょう。

さらばFight The Dragon……!

私はすぐに飽きるので個人的な感想であることをご了承ください。

スポンサーリンク