Creeper World 3: Arc Eternal ユニットについて

Creeper World 3: Arc Eternalに登場するユニットについてのメモです。

使用感は個人的なものなのでプレイスタイルによっては役に立たない可能性がありますがご容赦ください。

Orbital

Command Node

  • これがないと始まらない存在。
  • ミッションによっては最大3つまで設置可能。
  • 設置後に移動することも可能。
  • ACを持った状態でマップ外に撤退するとACの雨を降らせることも可能。

実際のところ設置したら放置になってしまいます。

ACの雨は場所がランダムなのであまり使えないです。

Structures

Collector

  • 基本的な建造物。
  • 設置した周囲の平地面積に応じてenergy生成量が増える。
  • コストが安いので量産することになる。

序盤はCollectorを早く設置してenergy生成量を増やしましょう。

Creeperの侵攻ルートに気をつけて低い位置は避けて設置しましょう。

前線を押し上げる場合、供給ルートを確立させるために役立ちます。

Relay

  • packetを高速かつ遠くまで輸送することが可能。
  • ミッションによっては必須。
  • ミッションによっては不要。

なくても問題ないミッションも多いですが必須のミッションもあります。

energyを生成することはないので無理に設置しないでも問題ないでしょう。

実際にあまり使いませんでした。

Reactor

  • 省スペースでenergyを生成できる。
  • コストが高い。
  • 狭い場所で防衛するなら必須。
  • 起伏の多い地形に強い。

設置してしまえば周囲の平地に関係なくenergyを生成できるのでミッションによっては必須です。

平地でもReactorを敷き詰めれば面積辺りのenergy生成効率は高まります。

それよりもCollectorを使ったほうが面倒もないですし時間もかかりませんが、ミッションによってはReactorを狭い範囲に敷き詰める必要もあります。

難易度の高いミッションで出番が多かったです。

Ore Mine

  • anti-creeper(AC)を生成する施設。
  • Oreの上に設置する。
  • ACがあると戦略の幅が広がる。

ACを供給するための施設なのでACを使用するユニットがいないと意味がないです。

最初に無理して建設する必要はないでしょう。

しかし前線を押し上げるような段階になったら必須の施設です。

防衛を重視するような難易度の高いミッションでは建設は後回しのほうがいいかもしれません。

Siphon

  • crystalの上に設置する。
  • energy,ore,aetherを入手可能(らしい)。
  • 出番が少ない。

一部のミッションの序盤で活躍してくれます。

貯蔵されている分が無くなると無用の長物になってしまう悲しい役回りの建造物です。

とにかく出番が少ないので使う機会は限られています。

個人的にはenergyしか供給を受けていませんが他のものは設定か何かで選べるのでしょうか。

確認しようにも出番が少なく面倒なので放置しています。

Shield

  • Creeperの侵攻を防ぐことが可能。
  • あまり出番がない。
  • 段差に強い。

Sporeの攻撃も防げるらしいですけどBeamで防いでいたので効果は確認していません。

Creeperの侵攻を防ぐことができるとはいえCreeper自体は減らないので他から侵攻されてしまいます。

ただし段差に関係なく効果を発揮するため、前線を押し上げるような場面で使い勝手が良かったです。

その際は3体を1セットとして安全に運用しました。

高い場所のCreeperをどかしてCannonを移動させると効果的です。

他にもEmitter付近でNullifierを守る場合にも役立ちます。

Terp

  • 地形の高さを変更可能。
  • Terpを使いこなせるかが攻略のカギ。
  • 攻撃支援にも防御にも役立つ。

Creeperは地形の影響を受けるのでTerpを利用すれば攻撃にも防御にも役立ちます。

Terpなしにはクリアできないミッションも多いと思います。

Guppy

  • energyやoreを輸送できる。
  • 一部のミッションでは必須。
  • 多くのミッションでは使わなくても問題ない。

networkが形成されていない場所にもenergyやoreを供給できるので使い方によっては大活躍してくれるでしょう。

強襲する際に一緒に行動させると効果的です。

Weapons

Cannon

  • 低コスト。
  • 低火力。
  • 短射程。

少量のCreeperに強いのですが大量になると役に立たないです。

Terpと一緒に行動させると相性がいいです。

Emitterを射程圏内に捉えれば湧いたCreeperを即処理できるのでNullifierを守ることができます。

Mortar

  • 深さのあるCreeperに効果的。
  • 陣地を形成して引きこもる場合に効果的。
  • 攻撃の援護に効果的。

難易度の高いミッションでは必須です。

攻撃にも防御にも使えるので量産することになるでしょう。

Strafer

  • 空中から攻撃可能。
  • 遠く離れた地点への攻撃ができる。
  • ほぼ放置可能。

使わなくても問題ないですが使う場合も放置できるので面倒ではないです。

Digitalisへ攻撃しCreeperの侵攻を防ぐ用途が一番役立つ場面でしょうか。

Bomber

  • ACで攻撃できる。
  • 空中を移動できる。
  • 出番が少ない。

遠く離れた地点へACで攻撃できるのですが使い道があまりない気がします。

強襲する場合に支援させると役立つかもしれません。

Sprayer

  • ACを散布できる。
  • 高い位置に攻撃できない。
  • ACの消費量が多い。

攻撃にも防御にも役立つのですが燃費が悪くAC不足になりがちです。

前線を押し上げるような場合にも効果的です。

Beam

  • 対spore用防御ユニット。
  • 複数設置して鉄壁の防御を心がけるべし。
  • 出番のないミッションも多い。

sporeに対する防御用のユニットです。

sporeは複数で同時に襲来する場合が多いため弾薬の供給が追いつかない恐れがあり、複数のBeamを設置することで安全性が増します。

Sniper

  • Runnerに攻撃可能。
  • 出番のないミッションも多い。
  • 高い位置には攻撃できない。

ミッションによっては活躍できるのですが出番のないミッションも多いです。

Nullifier

  • Emitter破壊に必須。
  • 他にも敵生成施設を破壊できる。
  • 発動が遅い。
  • 簡単に破壊されてしまう。

Nullifierをいかに守るかが重要です。

Cannonの攻撃頻度の高さを活用したりSprayerで安全な領域を確保しましょう。

Terpで高台を作ると安全性が高くなります。

Shieldを利用すると簡単かつ安全なのでおすすめです。

Titans

Bertha

  • 高コスト。
  • 絶大なる破壊力。
  • Power Zoneに建造すると更に強力な攻撃が可能。

Berthaが複数あると攻略が捗ります。

特にCreeperの生成量が多いミッションは効果抜群です。

Creeperの多い場所を狙いましょう。

Forge

  • Aetherを使用して各種アップグレードできる。
  • 難易度の高いミッションでは必須。
  • Aetherを消費して謎の攻撃が攻撃が可能。

ForgeでEnergy生成効率を上げると攻略が楽になります。

他にもユニットの射程を延ばしたり攻撃頻度を上げたりすればかなり楽になります。

こう着状態に持ち込めればForgeでアップグレードし力を蓄え反攻への準備ができます。

また、Aetherを消費することで謎の攻撃でCreeperを一時的に集めることができ、その時間はAether消費量に比例します。

Emitterに使えば安全に破壊する時間が確保できるかもしれません。

注意事項

英語が読めないですしゲーム内で全てを試した訳ではないので確実な内容ではないです。

Creeper World 3: Arc Eternalはミッションが豊富なので多くはまだ手付かずです。

今まで気付かなかったユニットの使用法もあるでしょう。

こういったメモを残しておけば後で再びプレイするときにも役立つので、現時点での使用感等を書いてみました。

2016年6月13日に加筆修正しました。

2016年7月08日に加筆修正しました。

スポンサーリンク