「Royal Heroes」の面白そうな要素と問題だらけの現実

Royal Heroesは自由な編成や装備のクラフト等、面白そうな要素が意欲的に盛り込まれています。

自分好みのユニットを育成して最強の編成を目指す!と考えると非常に面白そうに思えました。

しかし実際にプレイしてみると事前に思い描いていたものが色々と裏切られてしまったのです。

Royal Heroes ゲーム画面

Royal Heroesの面白そうな要素

自由な編成

自由なユニット

レアリティの高いユニットを雇うためにはアイテムかお金が必要なので、序盤はどうしてもレアリティの低いユニットで編成しなくてはなりません。

そのアイテムも入手頻度が低いため、結局終盤のお金に余裕のある状態にならないと高レアのユニットで編成することはできませんでした。

しかもどのユニットが雇える候補に出てくるかはランダムです。

それに後から雇ったユニットは育成が面倒なのでレベル差の解消が面倒でした。

面倒を覚悟の上で自由な編成にするのか、ある程度妥協するか、選ぶ自由はありました。

自由な配置と自動戦闘

ユニットは5*5の場所に最大25体、自由に配置できます。

しかし戦闘が始まれば敵に突撃していくだけなので、陣形の意味があまりないのが残念でした。

最後尾に配置したユニットは一度も攻撃する機会に恵まれずに戦闘終了する場合も多く、終盤の敵が大量に出現するようなステージでないと人数が多いことを活かせていませんでした。

それに遠距離攻撃ができるユニットであっても、敵の接近に対し攻撃するばかりで退くようなことはありません。

結局ぶつかり合うだけの戦略性の低い自由な配置でした。

クラフト

Royal Heroesでは装備できるアイテムを自分で作り出すことが基本になります。

マインクラフトのように3*3のマス目に素材を配置することでアイテムをクラフトすることができます。

しかし、どういったレシピでアイテムが作れるのかは初期段階では不明です。

試行錯誤するのもいいですが、正解パターンを探すのは非常に困難です。

ゲーム内で入手できるBLUEPRINTを使うことで1種類だけレシピが判明するのですが、多くの種類がある中の1種類だけでは実用的ではありません。

入手機会の低さもあり、結局終盤になってレシピをコンプリートしました。

その間は不十分な装備で不利な戦いを強いられました。

ちなみに正解レシピさえ知っていればBLUEPRINTも不要です。

下手すれば武器も装備できずにゲームを進めないといけないという不親切なゲームバランスでした。

Royal Heroesのその他の問題点

単純作業の繰り返しによる育成

Royal Heroesの戦闘は自動で行われ、その多くは1分以内に終わります。

ユニットの育成はその戦闘を何十回も繰り返さないとレベルアップしないバランスのため、ただひたすら戦闘を繰り返すことになります。

1周目をクリアするまで安全重視でプレイしたところ、1400回くらい戦闘していました。

真っ当にプレイすると時間がもったいないので、動画を見る等、他のことをしながらのプレイになりました。

不必要なくらい周回プレイを要求するバランスは問題だと思いました。

プログラムの出来

私個人の環境だけなのか分かりませんが、画面のちらつきや描画の不具合等は頻繁に生じていました。

Royal Heroesで使われているCoronaという開発ツールの関係なのでしょうか。

それ以外にも、ゲームをプレイしていると動作が重くなる症状も見受けられました。

原因は不明ですけど動作に問題があるなら無理にプレイしないほうがいいかもしれません。

私は意地でプレイしましたけど。

Royal Heroesを遊ぶ価値はあったのだろうか

このように数多くの問題を抱えるRoyal Heroesを遊ぶべきなのかは疑問です。

実績に対応していますが、全部達成するためには50時間でも足りなさそうな気配です。

マゾいゲームバランスにプログラム自体の問題、それに最低限にも満たない日本語訳等、遊びにくい要素はたくさんあります。

面白そうだと感じても実際にプレイするのは止めておいたほうがいいと思います。

私の場合はそういった状況に気付いてからも、意地で全実績達成までプレイしようとし、2周目の途中で気力が尽きて挫折しました。

単純な繰り返しに耐えられず、ながらプレイでも無理でした。

諦めてしまった今、苦行から開放されて気分は晴れやかです。

スポンサーリンク