【メルスト】踏破イベント「ロード・トゥ・グローリー」全踏破!

メルストで現在開催中の踏破イベント「ロード・トゥ・グローリー」で、3種類全部踏破しました。

26周以降をどういった編成でクリアしたのか、攻略の参考になるかもしれないことを書いておきます。

踏破した順番に書いているので、スタブ、ストライク、スラッシュの順番になっています。

スタブロード

メルスト ロード・トゥ・グローリー スタブロード

パーティー編成

ユニットと覚醒数

スタブロードを踏破したパーティー編成は次の通りです。

  • アルシオン 5覚醒
  • 進化メーア 2覚醒
  • ノルン 4覚醒
  • フェイエル 1覚醒
  • セッカ 2覚醒

フェイエルはゾンビ化のため1覚醒あれば十分です。

セッカはミドルソロの編成ボーナス目的も兼ねています。

シード

  • アルシオン ヤンシェンメイ(スピリッツライズ)
  • 進化メーア ヤンシェンメイ(スピリッツライズ)
  • ノルン ヤンシェンメイ(スピリッツライズ)
  • フェイエル アウリエル(スタブソウル)
  • セッカ 真マルクトドラゴン(アクアブレイク)

火力重視のユニットにはスピリッツライズ、そうでもないユニットにソウルとブレイクという組み合わせです。

攻略のヒント

攻略のヒントも何も、前衛ユニットはひたすらバックキャンセルで攻撃を回避しつつ、その間に後衛ユニットが攻撃するしかありません。

前衛は時々倒されてしまうのでガッツを上げなくても問題ないです。

アルシオンはルーン枠に余裕があったのでベルセルクルーンを装備させても良かったかなと思います。

ストライクロード

メルスト ロード・トゥ・グローリー ストライクロード

パーティー編成

ユニットと覚醒数

ストライクロードを踏破したパーティー編成は次の通りです。

  • エストレシア 15覚醒
  • ヴィルベル 0覚醒
  • ラフィーカ 5覚醒
  • ウルリカ 4覚醒
  • エレオノール 15覚醒

ラフィーカは編成に組み入れていますがほぼ活躍していません。

ミドルソロの編成ボーナス目当てみたいな扱いです。

エレオノールの回復力が強すぎて火力担当ユニットのベルセルクルーンは役に立ちませんでした。

ヴィルベルは0覚醒ですが同時攻撃数と有利属性ということもあり、地味に役立っていたと思います。

シード

  • エストレシア ヤンシェンメイ(スピリッツライズ)
  • ヴィルベル ヤンシェンメイ(スピリッツライズ)
  • ラフィーカ ヨルグリア(ウィンドイクリーズ)
  • ウルリカ ダルルボルル(ストライクソウル)
  • エレオノール フォレストトン’(ウィンドブレイク)

ラフィーカは役に立たないのでスピリッツライズは使わせず、ウィンドイクリーズで他のユニットの補助になるようにしました。

スピリッツライズを使わない分、SPに余裕ができたという思わぬメリットもありました。

攻略のヒント

ラフィーカはリーチの都合でWave3までしか前に出していません。

その後はずっと後退させていました。

攻撃担当が主にエストレシア(15覚醒)とヴィルベル(0覚醒)という微妙な火力だったので、前衛はひたすらバックキャンセルで回避するしかありませんでした。

多少ユニットが弱くてもバックキャンセルでカバーです!

厳しい戦いでした。

スラッシュロード

メルスト ロード・トゥ・グローリー スラッシュロード

パーティー編成

ユニットと覚醒数

スラッシュロードを踏破したパーティー編成は次の通りです。

  • ユイリア 15覚醒
  • クラリーチェ 3覚醒
  • 進化チック 15覚醒
  • 進化クッキー 1覚醒
  • 進化カナン 1覚醒

ユイリアは0覚醒から15覚醒まで育成しました。

前衛が進化クッキーでエンデュアルーンの発動が100%になっていなかったため火力でカバーしようという目論見です。

その結果、他のロードに比べて相当楽に攻略できました。

有利属性で2体攻撃のすごさを実感しました。

これなら前衛抜きで他の弓ユニットを入れたほうが楽だったと思います。

シード

  • ユイリア ヤンシェンメイ(スピリッツライズ)
  • クラリーチェ ヤンシェンメイ(スピリッツライズ)
  • 進化チック ヤンシェンメイ(スピリッツライズ)
  • 進化クッキー マグナガルダ(スラッシュソウル)
  • 進化カナン アナグラー(ファイアブレイク)

攻撃担当のユニットにはスピリッツライズを、そうでないユニットにはソウルとブレイクという組み合わせです。

攻略のヒント

ユイリアが強すぎて楽勝といえるくらい楽でした。

ボスが出てきても前衛のクッキーは下げたままにして、弓ユニットはボスに詰められたらバックさせてを何度か繰り返して倒せました。

クッキーは移動速度が遅いためゴールに突っ込ませようとしてもチックに抜かされてしまい役に立っていませんでした。

適切なユニットの存在がどれだけ攻略に影響を与えるのか身をもって知りました。

ロード・トゥ・グローリーを踏破すべきか

ここまで書いていて元も子もないのですが、ロード・トゥ・グローリーは無理しても報酬よりも育成コストのほうが高くなってしまう可能性が高いです。

無理せず踏破できるところまでにとどめておいたほうが良いかもしれません。

特に26周以降は制限が厳しいため所有ユニットによってはクリアは絶望的です。

消費APも多いですし、その分他に使ったほうが有意義かもしれません。

でも他にも使い道がありそうなユニットなら育成して踏破を目指すのもありです。

いずれにせよ適切なユニットの有無と育成状況次第で難易度は大違いです。

それに確率で仲間になるユニットも期待できませんし、ボスシードのドロップも期待できません。

それらを含めて踏破を目指すべきか考えましょう。

スポンサーリンク