Creeper World 3: Arc Eternal 「Uninhibited Nihilist」の実績を獲得!

Uninhibited Nihilistの実績はCreeper World 3: Arc Eternalの中でも難しいものです。

何せ難易度の高いTormented SpaceでInhibitorの出現するマップを50種類クリアしないといけません。

でもそこは慣れと時間の問題で対応できるでしょう。

Inhibitorの出現するマップだけ、そしてクリアできるマップだけ厳選すればどうにかなりました。

Tormented Spaceのマップを厳選する

Tormented SpaceではInhibitorの出現するマップをクリアすることで他のセクターに移動できるようになります。

無理に全部のマップをクリアする必要はありません。

Inhibitorの出現するマップだけ狙ってクリアするようにしたらUninhibited Nihilistの実績獲得まで相当楽になりました。

そして難易度の高すぎるマップは避けてクリア可能なマップを選ぶことも重要でした。

とはいえ実績獲得までにクリアを断念したものは4つくらいしかありませんでしたけど。

マップはサイズの大きなもののほうが難易度は低い傾向にあると感じました。

小さなものはその逆で難しく時間のかかるものが多かった印象です。

他のプレイヤーのクリアタイムを参考にすれば難易度が分かるかもしれません。

Tormented Spaceなのに簡単なマップもいくつかありました。

最短での攻略を目指したほうが楽かもしれない

Tormented Spaceのマップはクリア可能とはいえ難易度が高いので自由な戦術は不要です。

必要なものは効率的なプレイです。

CollectorやReactorを優先してenergy供給量を増やさないと詰まってしまうマップもありました。

序盤から効率的な展開になれば結果として短時間でのクリアが可能になるかもしれません。

短時間で済むということは大量のCreeperが押し寄せる前にクリアできるかもしれないということです。

そのため最低限の防衛で済むかもしれませんし、余計な製造コストが不要になるということです。

特にInhibitorを破壊することでクリアになる条件を活用しましょう。

Inhibitorを目指して最短ルートを意識したほうが楽なマップが多かったですし、クリアタイムも良い結果になりました。

不要なEmitterは無視したほうが楽でした。

自分のプレイスタイルよりもクリアに必要なプレイスタイルに徹したほうが楽に攻略できました。

Creeper World 3: Arc Eternalでクリアタイムを競う楽しさに目覚めた

クリアするためのプレイが面白いかというと、楽しいというよりもタイムアタックの面白さがありました。

効率的なプレイを求めた結果、ランキングで競い合う面白さに気付いてしまったのです!

既に多くのプレイヤーがスコアランキングに名を連ねていますが、がんばれば10位以内も可能です。

苦手なマップでも30位くらいには入れました。

Tormented Spaceを攻略していく過程で自分のスキルも鍛えられていったのです。

Creeper World 3: Arc Eternalは最終的に最短時間でのクリアを目指してランキング上位を目指す遊び方になるのでしょうか。

恐ろしい世界を垣間見たように思えます。

私はそこまでやりこむ予定はありませんけど。

まずは全実績達成を目指すとしましょう。

Uninhibited Nihilistの実績を獲得した記念にプレイを振り返ってみました。

スポンサーリンク