【メルスト】ヘン裏激ムズを6覚醒オルガでクリア!

昨日、メルストで裏ステージが追加されました。

その中でも結構手ごわいクエストが「ヘン裏激ムズ」だと思います。

しかし工夫をすればどうにかなると思われるので、実際にクリアできた編成を書くので攻略の参考にしてみてください。

ヘン裏激ムズの特徴

メルスト ヘン裏激ムズ 武器種別効果とクエスト制限

一人しか出撃できない

ヘン裏激ムズは一人しか出撃できません。

そのためステージの特徴を考慮して最適なユニットを選ばないと苦戦してしまうでしょう。

それに一人ということは使えるシードも限られているということです。

極端な武器補正

ヘン裏激ムズの武器補正も極端なものになっています。

突撃と弓矢が200%と高いので、普通に考えればそれらのどちらかを選ぶべきです。

弓矢は単体攻撃ユニットが多いですし、複数攻撃でも同時攻撃数の少ないユニットが多いです。

もしかしたら実用的な同時攻撃数3以上の弓ユニットを所持していない人も多いのではないでしょうか。

突撃は鞭ユニットなら同時攻撃数3も多く、リーチも中衛なので問題ありません。

これらのことを考慮すれば鞭ユニットも悪くないでしょう。

仲間救援出撃率20倍

仲間救援出撃率が20倍と高い値になっています。

実際にクエストに挑むと救援が山のように現れるので画面がすごいことになってしまいます。

ヘン裏激ムズの攻略のためには、この高い仲間救援出撃率も活用しましょう。

ヘン裏激ムズ用のパーティー編成

ここからは私が実際にヘン裏激ムズをクリアしたパーティー編成についてになります。

メルスト ヘン裏激ムズ オルガのステータス

オルガを選んだ理由

育っていた同時攻撃数3の弓ユニットがいなかったため鞭ユニットにすることにしました。

その中でも水属性のオルガは出現する敵の属性を考えれば悪くない選択です。

多少DPSが低くても、敵の属性との相性を含めて考えれば悪くありません。

むしろ下手なユニットよりも良い選択だったかもしれません。

ただし、覚醒数が6なので激ムズでは厳しかったです。

もっと覚醒していれば楽だったでしょうし、工夫次第で6覚醒でも十分クリア可能ということも分かりました。

さすが裏激ムズ、絶妙な難易度ですね!

シードとルーン

シード

オルガは突撃なのでスタブソウルを使えるアウリエルを選びました。

この選択が一番攻撃力が高まるため、他を選ぶ必要はないでしょう。

速やかに敵を殲滅できないとヘン裏激ムズのクリアは難しいです。

十分な覚醒数ならオルガウスでも大丈夫だったかもしれません。

結構ギリギリでのクリアになってしまったので、シードはアウリエルでなければ危うかったです。

ルーン

オルガは☆3ユニットなのでルーン枠は4が最大です。

それを次のように選びました。

  • アタックルーン
  • クイックルーン
  • フレイムルーン
  • ヒーリングルーン

ヒーリングルーンはスリップダメージ対策で装備させました。

速やかにGutsを上げて攻撃力を高めなくてはならなかったため、回復目的でGutsは上げられません。

それに最終的にGutsも上限に達してしまうため、やはり回復はヒーリングルーンに頼るしかありません。

パーティー編成

パーティー編成ボーナス目当ての編成

ヘン裏激ムズの同時出撃数は一人とはいえ、パーティー編成ボーナスの恩恵は受けられますし、初期SPの増加も問題ありません。

今回中衛ユニットであるオルガを選んだため、残りのユニットは中衛を2人加えることでミドルトリオのパーティー編成ボーナスを得られます。

パーティー編成ボーナスを得られるユニット編成の中で、覚醒数が高く、SPボーナスの多いユニットを選びましょう。

ちなみにリード系のパーティー編成ボーナスは前衛ユニットが対象なので、中衛ユニットであるオルガに効果はありません。

知らずにリードデュオが発動するようなパーティー編成にしてしまいました。

ミドルトリオのパーティー編成ボーナス

ミドルトリオによるパーティー編成ボーナスは次の通りです。

  • パーティー全体のシード攻撃力 +35%
  • 再召喚時間 -35%
  • 召喚コスト -35%

再召喚時間が短縮されるため、速やかに強化が完了するメリットは大きいです。

それに少しでもスタブソウルの効果を高める目的でもミドルトリオは優れています。

クエスト中の攻略のヒント

序盤の攻略法

癒力

まずは癒力を上げましょう。

LVいくつが最適なのかは分かりませんが、強化にSPを使いたいので上げすぎないようにしましょう。

最終的にGutsが限界まで上げられればいいですし、無理に上げると序盤が乗り越えられない可能性もあります。

強化が済むまでは多少控えめに上げたほうがいいかもしれません。

実際にいくつまで上げたかは記憶にないので申し訳ないです。

ユニットの強化

ヘン裏激ムズは敵が強く大量に出現するため、速やかにユニットを強化しないと攻略は難しいです。

ミドルトリオの再召喚時間短縮が役立ってくれるので、速やかにシードを5回使いましょう。

それと平行してGutsをある程度上げます。

シードを5回使える分確保できれば、他は全てGutsアップに使っても問題ありません。

むしろ少しでもGutsアップで攻撃力を高めないと少ない覚醒数では厳しいです。

仲間救援を活用する

ヘン裏激ムズは仲間が大量に救援に駆けつけてくれます。

設定でOFFにしていると不利になるのでONにしておくことを忘れないようにしましょう。

仲間は基本的に敵の侵攻を遅らせる目的なので、一撃受けて即撤退でも問題ないです。

そうやって少しでも時間を稼ぎつつ敵の殲滅を急ぎましょう。

バックキャンセルも効果的です。

バックキャンセルに夢中になってシードが使えるのに使い忘れるようなことがないよう気をつけましょう。

その後の攻略方法

序盤を切り抜けたらGutsを上限まで上げることを目指します。

シードによる攻撃は体力の低い雑魚相手なら有効かもしれませんが、問題は体力ゲージのあるような敵です。

そういった敵にはシードの効果なんて実感できないので、結局必死にバックキャンセルすることで敵を倒すことになります。

それでも押し込まれて負けてしまうようなら火力が足りません。

もしかしたら救援に駆けつけるユニットの運が悪いと負けてしまうかもしれません。

6覚醒のオルガでもクリアできたので不可能ではありませんが、できればもっと覚醒させてレベルを上げたほうが余裕でしょう。

無理した分だけ運の影響を強く受けてしまいます。

結局最初から最後までバックキャンセルをしまくってクリアしました。

ヘン裏激ムズの攻略にはバックキャンセルが重要です。

多少の戦力不足はバックキャンセルの技術でカバーしましょう。

ヘン裏激ムズを攻略した感想

最近のメルストは難易度の高い要素が追加される傾向にあります。

今回のヘン裏激ムズも一人しか出撃できないような極端な内容でしたし、戦力が整っているか創意工夫を凝らさないと簡単には攻略できません。

しかし創意工夫でクリアできる難易度はいいですね。

まさか6覚醒のオルガでクリアできるとは思ってもみませんでした。

シードやルーンの関係もありますし、運も影響します。

それでも不利な条件でクリアできると嬉しいですね。

難しいからこそ攻略した喜びもひとしおです。

そういった楽しみ方もできるよう、メルストは遊び方の幅を広げているのかもしれませんね。

スポンサーリンク