「Loot Hero DX」はテンポの良さと周回プレイが印象的だった

Loot Hero DXはカジュアルなアクションRPGと表現していいのでしょうか。

敵に体当たりするだけなのでアクション要素も無いに等しいのですけど。

敵を倒してお金を集めて主人公を強化して、最後のステージで待ち受けるドラゴンを倒して一応のクリアという流れです。

テンポの良さと周回プレイが印象的で、良くも悪くもカジュアルなゲームでした。

Loot Hero DX ゲーム画面

Loot Hero DXはテンポの速さが面白い

Loot Hero DXは全体的にテンポの良いゲームです。

主人公の移動速度も速いですし、敵に体当たりするだけの戦闘なので難しくありません。

レベルアップの頻度も高いですし、お店で能力を強化する頻度も高いです。

それらが組み合わさり、ゲーム開始から10~20分程度(多分)の時点で雑魚を蹴散らしてボスを瞬殺できるようになります。

この爽快感がLoot Hero DXの面白さの一つでしょう。

ゲームとしては単純で面白みに欠けますが、ゲームの展開の速さ、そして想像以上に速い移動速度と殲滅速度に、ついプレイしてしまいます。

しかし変化が乏しいため数ステージ進める頃にはLoot Hero DXの面白さの限界を感じるでしょう。

Loot Hero DXのテンポの良さは特筆すべきものがありますが、それだけでプレイを続けられるような内容ではありません。

それでも一応の目標である最終ステージのボスを倒すまでは惰性でプレイできるはずです。

Loot Hero DXは周回プレイが必要

ボスのドラゴンを倒すと敵が強くなって2周目に突入します。

敵の強さや獲得できるお金や経験値等、数値の変化はありますが、それ以外に変化はないため、また同じようなプレイを求められ、しかも全実績を解除するためには最低10周する必要があります。

それだけ同じことを繰り返すとなると苦行になるかもしれません。

Loot Hero DXは1周目だけならまだ楽しめるかもしれません。

全実績を解除しようとすると周回プレイの苦行の始まりです。

ひたすら作業プレイした果てに全実績解除の栄光が待っています。

忍耐力の証ですね!

Loot Hero DXの評判の悪さはこの変化の乏しさにあるのではないでしょうか。

ちなみに一番困難な実績はレベル100に到達するものだと思います。

4時間くらい作業に耐えないと達成できません。

カジュアルゲームとしては悪くないLoot Hero DX

Loot Hero DXは気軽に遊べる内容になっています。

1プレイあたりの所要時間も短いですし、気が向いたらプレイするようなプレイスタイルでもいいでしょう。

それに全実績を解除しようなんて考えずに飽きるまでプレイするのもいいと思います。

積極的におすすめできるゲームではありませんが、バンドル等で安く入手できるなら一度プレイして爽快感を味わうのもよろしいかと思います。

ちなみに日本語には対応していませんがプレイに支障はありません。

難しく考えずにマウスのボタンを押しっぱなしにすれば大丈夫です。

Loot Hero DXはカジュアルなゲームなので多くを求めてはいけないのかもしれません。

スポンサーリンク