「Mondrian – Abstraction in Beauty」をサントラ目当てで買ってみた

Mondrian – Abstraction in Beautyは海外製のスタイリッシュなブロック崩しです。

見た目も音楽もスタイリッシュなブロック崩しなら新たな発見があるかもしれません。

それに音楽に興味を惹かれたので、ゲーム目的というより音楽目的でサントラ入りのDeluxe Editionを購入してみました。

Mondrian - Abstraction in Beauty ゲーム画面

スタイリッシュでもブロック崩し

Mondrian – Abstraction in Beautyは見た目がスタイリッシュです。

ただのブロック崩しとは違い、ブロックの形状やステージの形状も普通とは異なって個性を出しています。

パドルもステージの中心から距離を一定に保って360度移動できるようになっています。

そういった違いはあっても基本的にブロック崩しでした。

見た目がスタイリッシュになってもブロック崩しであることに違いはなく、プレイして数分で抱いていた期待が打ち砕かれてしまいました。

根本的なゲーム性の部分で変化が無かったのです。

そこに気付いてプレイすることを諦めました。

もうブロック崩しは飽きました。

でもトレーディングカードが全部出るまで起動させておきますよ!

その間にサントラを聴きつつ記事を書いています。

サントラもスタイリッシュ

個人的にはMondrian – Abstraction in Beautyの価値はゲーム自体よりもサントラにあると思います。

何曲か気になったものがあったのでサントラ目的で購入したのです。

ゲーム自体には少ししか期待していませんでした。

だから無駄な出費ではない、と自分に言い聞かせたいのです。

さて、サントラの曲も玉石混淆といったところでしょうか。

スタイリッシュでオシャレな音楽もちらほらと存在しています。

しかしまぁその音楽の趣味も人それぞれですからね。

数曲のためにサントラ目的で購入するというのもどうなのでしょうか。

サントラ目的とはいえいまいちな満足度でした。

無駄な出費だったという思いは否定できません。

Mondrian – Abstraction in Beautyはおすすめできるか

Mondrian – Abstraction in Beautyは見た目こそスタイリッシュな仕上がりになっていますが、根本的な部分ではブロック崩しなので、そのジャンルが好きか嫌いかで評価が分かれると思います。

それかスタイリッシュな雰囲気を味わいたい人にもおすすめです。

ついでにサントラ入りのDeluxe Editionを購入したほうが満足度は高いかもしれません。

個人的にはゲームとしては面白いと感じられませんでした。

サントラ目当てとはいえ、買わなくても良かったかなと思います。

結局のところブロック崩しで遊びたいか否かでしょうか。

しかも個性的でスタイリッシュなブロック崩しで、です。

同じ海外製のブロック崩しなら「Grey Cubes」のほうがゲームとしては面白かったです。

スポンサーリンク